8月4日

このところの暑さにも負けず、
荒井良二くんはジョギングに励んでいます。
8月生まれの荒井良二くんは、夏がとても好き。
太陽を浴びて、汗をかくことが大事だとか。
今発売されている雑誌”イラストレーション”
なぜ汗をかくことが必要なのか、
本人筆で掲載されています。
インタビューも載ってますのでよかったらご覧ください。
そうそう、+DESIGNINGという雑誌でも取材を受けたのでした。
こちらもただいま発売中です。
そして、まだまだあります、メキシコのおみやげ。
メキシコといえば、プロレス!
アントニオ猪木の真似をして遊んだ高校時代を思い出すのでしょうか、
何やら男の子心が騒ぐようです。

プロレスラーの後ろにあるのは
真っ白に塗られたキャンバス。
8月9日からはじまる
ふくやま美術館”荒井良二 スキマの国の美術館”のための新作用です。
こちらも、もうすぐですね。
今年の夏も盛り上がってきました。

7月18日

トムズボックスの個展”荒井良二の小さな展覧会・えほんのこども”は、
つつがなく開催中です。
すでに吉祥寺へ足を運んだ方もいらっしゃった皆さま
ありがとうございました。
これから、それぞれの絵にメッセージカードがつく予定です。
お時間が許すようでしたら、またお越しくださると
新たな物語が見えてくるかもしれませんので
ぜひ、どうぞ。
8月9日からは、広島県ふくやま美術館
”荒井良二・スキマの国の美術館”が開催されますよ。
ライブペインティングやトークなどイベントも盛りだくさんです。
個人的には、8月10日のトークが楽しみですね。
荒井良二くんと旧知の編集者・広松さんとのお話で
何が飛び出してくるのか、興味はつきません。
今年の夏も、熱いです。
(ふくやま美術館さんでのイベント詳細はこちらをご覧ください)
さて、ひきつづき、メキシコのおみやげシリーズです。

うら若き乙女なのか、おばちゃんなのか、
判断つきかねる人形ですが
かわいらしいことは間違いありません。
メキシコには、カラフルでキュートな
おばあちゃんたちがたくさんいるそうですよ。

6月30日

明日からいよいよトムズボックスの個展です。
荒井良二くんは、怒濤の追い込み中。
個展前の集中力と瞬発力はすごいですね。
絵を描く背中からオーラがでています。
下の写真は生まれたての作品たち。
写真が小さいのでわかりにくいかもしれませんが
どの作品にもちいさな物語が流れています。
明日をお楽しみに。

そして、荒井良二くんのメキシコおみやげシリーズ第2弾は
リスのぬいぐるみ。

ちゃんと木の実を持っているところがポイントでしょうか。
がっしりとした重みのあるぬいぐるみです。