4月21日

やるべきことはたくさんあっても
なかなか進まない感じです。
気持ちが京都に向かっているからでしょうか。
SELF-SOアートギャラリーで個展します。
荒井良二の展覧会
「R-brut」
スイスは、ローザンヌのアール・ブリュット・コレクションとは
縁もゆかりもない、生荒井良二の展覧会。
ネーミングの妙に膝を打ちます。
そんなこんなで、今日はそわそわとサイン本など作成しました。

続きを読む

4月20日

4月20日ですか?
また1ヶ月間以上空いてしまいました。
前回更新してから今日まで何をしていたかというと、
3月25日~4月6日 イタリア・ボローニャへ仕事で出かける。
4月9日 講談社出版文化賞審査
4月12日 東京都現代美術館 川俣正展へ
4月13日 ギグメンタ2008美学校でワークショップ
4月16日 フットサル
という感じです。
イタリア・ボローニャのお仕事旅行では、
荒井良二くんはスケッチをしてきました。
いずれどこかでお披露目できると思いますので今日は表紙だけ。

続きを読む

2007年10大ニュース 第4位

2007年のことをずるずると書き続けるのは
日々進化を続けている荒井良二くんに
申し訳なくなってきました。
いろいろなことを軽々と越えてするすると進みたいものですね。
というわけで、第4位の発表です。
第4位 「つづきの国のワークブック」を作る
荒井良二くんのワークショップを形にしたこの本が第4位です。
まるで遠い国から届いた小包のようなパッケージと、
地図の入っている封筒が素敵ですね。
丸善さんのHPで見られるインタビューで、荒井良二くんが
この本について触れているのでちょっとだけ抜粋してみます。
「参加できるような余地、幅があるようなものをどうにかして作りたいと思っているときでもあったから、おもしろかった。これからももっと作るんだろうなと思うけど。参加するという意味での本。」
これまでの荒井良二くんの絵本も、
作者側が一方的にメッセージを発するのではなく
読者に委ね、読者がいることで成り立つ2WAYタイプでしたが、
それが、より意図的に、明確に”参加”という形で現れた絵本となりました。
この先うまれるであろう参加型絵本も楽しみですね。
今日の荒井良二くんは熱をだして寝込んでいます。
お大事に。