9月19日

 

石川県小松市にある本陣美術館

荒井良二原画展を開催致します。

 

ライブペインティングやサイン会など

イベントも予定されていますので

ぜひ秋の北陸へ足をお運びくださいね!

 

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

**********************

 

絵本のリレー・本陣記念美術館特別展 

〈未来へ!絵本原画展ーまどをあけたら荒井良二ー〉 開催のお知らせ

 

 

自分の中にあるこどもの心を探し、絵本に表現し続ける荒井良二。それはこどもだけでなく、大人にも忘れていたこどもの心を呼び起こし、日常になおざりにされていた感性や感覚に気づかせてくれます。
革新的な手法を用いて描くダイナミックな原画の迫力に、本展では直にふれることができます。全ての荒井良二の絵本に通じる「希望」というテーマを読みときながら、現代の一人の絵本作家の姿をぜひご覧下さい。

1 会期 令和元年9月28日(土曜日)~11月4日(月曜日・祝)
2 会場 本陣記念美術館
3 開館時間 午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
4 休館日 9/30(月曜日)、10/7(月曜日)、10/15(火曜日)
10/21(月曜日)、10/23(水曜日)、10/28(月曜日)
〔10/14(月曜日)、10/22(火曜日)、11/4(月曜日)は開館〕
5 入館料 ・一般300円 ・高校生以下無料
・宮本三郎美術館との共通券 500円
*障がい者手帳持参者と同行者1人まで入館料免除 *こまつミュージアムパスは利用できません
*絵本館ホール夢の本棚は無料
6 主催 空とこども絵本館(共催 本陣記念美術館)

荒井良二(あらいりょうじ)
絵本作家、イラストレーター
1956年、山形県生まれ。日本絵本賞やJBBY賞、ボローニャ児童図書展特別賞など受賞多数。2005年には日本人として初めてアストリッド・リンドグレーン記念文学賞を受賞。
2014年から2018年まで「みちのおくの芸術祭 山形ビエンナーレ」の芸術監督を務めるなど絵本制作以外にも活動の幅を広げている。

◎同時開催<まるごと荒井良二>
会期中、荒井良二に関するフォトコーナー、ワークショップ、グッズ販売を行っています。
会 場 絵本館ホール夢の本棚(小松市京町⒚番地)
入館料 無料
(休館日は本陣記念美術館と同じ)

◎関連行事
(1)オープニングコンサート
小松市立高等学校生徒による演奏 「ぼくらのエコー」
・日 時 9月28日(土曜日)午前9時30分~午前10時
・会 場 本陣記念美術館エントランスホール
・参加費 入館料のみ ・申込み 不要

荒井良二さんが来館されます・・・

(2)新・美術館散歩
本陣記念美術館、宮本三郎美術館、宮本三郎ふるさと館、砺波市美術館(「安野光雅展」)を学芸員の解説付きでまわるバスツアー
・日 時 10月5日(土曜日) 午前9時~午後5時(予定)
*詳細は本陣記念美術館までお問合せください。

(3)絵本原画展ギャラリートーク&ミニコンサート
<未来へ!絵本原画展 ~まどをあけたら荒井良二~>を解説付きで鑑賞の後、ミニコン サート(小松市ピアノ協会)をお楽しみください。

・日 時   10月6日(日曜日)、13日(日曜日)、27日(日曜日)
午前10時30分~午後12時
・会 場 本陣記念美術館
・参加費 入館料のみ ・申込み 不要
*午前10時より絵本館にて絵本の読み聞かせ(無料)を行います。

(4)荒井良二ライブペインティング&サイン会
目の前で荒井良二さんが制作します
・日 時    10月14日(月曜日・祝) 午前10時~午後12時
・会 場   空とこども絵本館
・参加費   無料   ・申込み 不要
・対 象   空とこども絵本館にて当日の絵本購入者(サイン会)

(5)ONE DAY CONCERT 音さんぽ
芦城公園の周辺施設でコンサートを行います

・日 時 10月20日(日曜日) 午前10時30分~午後4時
・参加費  演奏中は無料
*当日はいしかわ県民文化の日。いしかわ県民は証明書の提示で入館無料
・申込み   不要
・演 奏 小松シティ・フィルハーモニック
<問合せ 小松市立博物館 電話0761-22-0714>

(6)ギャラリートーク
学芸員が絵本原画展のみどころを解説します。

・日 時 11月2日(土曜日) 午前11時~と午後2時~の2回行います。
・会 場 本陣記念美術館
・参 加 入館料のみ    ・申込み 不要

(7)せんぷれ・あっちーね演奏会
ピアノの五重奏を原画展と併せてお楽しみください

・日 時 11月3日(日曜日・祝) 午後2時~午後3時30分
・会 場 本陣記念美術館
・参加費 入館料のみ  ・申込み    不要

9月18日

荒井良二の最新絵本

きょうのぼくはどこまでだってはしれるよ」の制作について

NHK出版さんにインタビューいただきました。

 

記事はこちらからご覧くださいね。

 

インタビュー>

************************

 

「水の絵本」原画を展示してくださっている

フリッツ・アートセンターさんでは

井戸を掘るためのクラウドファンディングも行っています。

荒井良二のオリジナル絵本もリターンにありますので

ぜひ、ぜひよろしくお願い致します。

 

B5e00bbe2700216c87ef72bf87b779ab7af88eca0868824dd60074b14cc7?x amz algorithm=aws4 hmac sha256&x amz credential=akiaii6jt62oqlhbx2eq%2f20190918%2fap northeast 1%2fs3%2faws4 request&x amz date=20190918t013202z&x amz expires=900&x amz signedheaders=host&x amz signature=b787e948f8285ebf5fe1dc053a8a9267cdc53024f2cda64a2df89fc067b76f93

9月10日

100年後の未来の子ども達の居所をつくるー。

 

群馬県前橋市にあるフリッツ・アートセンターさんが

クラウドファンディングを始めました。

 

リターンはオリジナルの荒井良二グッズたち。

限定絵本も作ります。

 

2019年10月29日までです。

拡散、ご支援、どうぞよろしくお願い致します。

 

***********************

 

 

群馬県前橋市。緑豊かな敷島公園のすぐそばに、フリッツ・アートセンターという絵本屋さんがあります。前の庭には大きな 薪窯があるパン屋さん、そして植えたばかりの一本のモミの木と、椅子にもなるようなクレピアの花々。絵本に出てきそうな風景が広がるそこに、この秋、井戸 を掘って「絵本みたいな場所」を作ります。
その名も<カナウニワ>。絵本作家の荒井良二さんが“願いが叶う庭”との思いを込めて名付けてくれました。

今回、ご協力いただける皆さまには荒井良二さんが期間中に描き下ろした絵本「カナウニワ」の限定本やポストカード、絵本用トートバッグを贈ります。どうぞ最後までお付き合いください。

 

カナウニワ」― この場所はきっといつかの夏の日。

薪窯で焼けたばかりのライ麦パンをかじり、庭で獲れたばかりの檸檬を絞ったレモネードを持って、古い古いお話の絵本を抱えた子どもたちが、50メートルにもなるモミの木の下で遊びの相談をしている―。

今から100年後にそんな未来が描けるような場所を、今からつくっておきたいと思います。
このプロジェクトで新たにつくる井戸。その語源は、「居処:いど」=ひとが集まる場所、だそうです。きっとカナウニワの中心にあって、たくさんの人が集い談笑するような場所になるでしょう。そしてこのカナウニワの物語を、荒井良二さんが絵本にします。

 

皆さんも登場人物として、カナウニワという“絵本みたいな場所をつくる”物語に参加してほしいな、と思います。いよいよ完成のときには、「井戸開き」として神楽太鼓やガムラン音楽でお祭りをして、秋の実りを食べながら一緒にお祝いをしましょう。

 

“絵本みたいな場所をつくる”プロジェクトの始まり。

 子どもたちに何が残 せるでしょう。それはきっと、新しいものでも、特別なものでも、高価だというものでもありません。 たとえば、大きな木かげ。花々と緑で埋まったベンチ。薪窯で焼くパン。聞いたことも見たこともない、世界中の音楽と絵本。 そして、溢れ出る井戸のつめたい水……。

 

子どもたちに残していくこの世界を、もとのままで、美しいままに、確かなことがある場所としてつないでいけたらと、昨年のクリスマスからこのプロジェクトは始まりました。
まず取りかかったのは、「絵本屋」でのライブペインティング。絵本作家・ミロコマチコさんが、シンガーソングライター・‪あがた森魚さんの宮沢賢治朗読で、15個の本箱に物語の一場面を描きました。「前庭」では、フランスから10トンの窯を運び込んで建てた〈公園の薪窯パン屋〉を開店しました。たくさんの子どもたちと〈百年のモミの木〉を植え、座って絵本が読めるような〈花々の椅子〉となるクレピアを育てています。
この秋には、若いロースターたちが交替で店頭に立つ〈コーヒースタンド〉や、世界中から誰も聴いたことのない音楽を集めた小さな〈CDショップ〉を館内にできます。

 

そして、この秋。

ギャラリーで開催される「水の絵本」展(8/10-11/10 詩 : 長田弘)に合わせて、絵本作家の荒井良二さん、そしてその仲間たちと、庭の真ん中、35年前に植えたカリンの木の下に井戸を掘ります。

 

完成までのスケジュールは、ざっとこんな感じ。ほぼ毎週末、井戸開きに向けさまざまなイベントを行います。このプロジェクトに共感していただける皆さまと一緒に、この物語を紡いでいきたいと思います。
 
◉8月10日(土)- 11月10日(日) 『水の絵本』長田弘・荒井良二展
◉ 8月10日(土) 『「カナウニワ」絵本 制作公開』出演 : 荒井良二
◉ 9月1日(日) 『落語家。絵本を読む』落語会 出演 : 柳家小もん・立川がじら(ともに二つ目)
◉ 9月28日(土)29日(日) 『敷島。本の森』ブックマルシェ・コーヒーマルシェ・ライブ・詩の朗読 他
◉ 9月28日(土)29日(日)30日(月) 『劇団 どくんご』テント演劇公演
◉ 9月28日(土)『「the place RECORD」CDショップ』オープン
◉ 10月 『「カナウニワ」コーヒースタンド』建築ワークショップ
◉ 10月5日(土) 『「カナウニワ」トタン絵』ライブペインティング 出演 : 荒井良二 他
◉ 10月18日(金)19日(土)20日(日) 『「カナウニワ」井戸掘り』ワークショップ(準備・工事 ; 10/16-25)
◉ 10月26日(土) 『「カナウニワ」井戸開き』出演 : 荒井良二・石坂亥士(神楽太鼓)他 ・『直会』井戸開きを祝う会
◉ 10月26日(土) 『「the place COFFEE」コーヒースタンド』オープン
◉ 10月27日(日) 『「カナウニワ」のはじまり』出演 : 荒井良二・川村亘平斎(ガムラン・影絵)
 

リターンは全てクラウドファンディング達成後に限定数を制作。
2019年のクリスマスまでにお届けいたします。

 

クラウドファンディング支援はコチラから

 

<リターン一覧>

 

▼3,000円【カナウニワ来訪セット】

☆カナウニワ来訪セット:薪窯パンとコーヒーチケット(各1)
☆荒井良二:〈カナウニワ〉オリジナル・ポストカードセット(限定)
☆ホームページにお名前を掲載

 

 

▼3,000円【井戸開き参加セット】※限定15名

☆【10/26開催】井戸開き:なおらい(食事会)」参加券(先着 15名)
☆荒井良二:〈カナウニワ〉オリジナル・ポストカードセット(限定)
☆ホームページにお名前を掲載

 

 

▼5,000円

☆荒井良二:〈カナウニワ〉絵本のためのオリジナル・トートバッグ(限定)
☆ホームページにお名前を掲載

 

 

▼10,000円

☆ホームページにお名前を掲載
☆荒井良二:〈カナウニワ〉 絵本(限定 : サイン / エディションナンバー入り)
荒井良二さんが〈カナウニワ〉から生まれるまでのものがたりを描き下ろし。プロジェクト終了までに集まった限定数だけを作り、お届けいたします。

 

 

▼50,000円

☆〈カナウニワ〉井戸の周りに建てる「カジュの門」に、お名前を刻みます。
☆荒井良二:〈カナウニワ〉 絵本(限定 : サイン / エディションナンバー入り)
☆ホームページにお名前を掲載